研究支援依頼にあたる利用規約

■大阪市立大学

1. 女性研究者研究支援員制度について

(1) 申請資格

本学所属の女性研究者(専任教員の他、特任教員や研究員等)であり、育児・介護等に携わる者(出産予定の者を含む)、女性研究者が配偶者である本学の男性研究者が研究支援の対象者です。

(2) 申請方法

女性研究者支援室ホームページからメールフォームによる登録、もしくは「研究支援員制度登録申請書(依頼者)」を提出します。

(3) 申請期間

随時、申請可能。但し、各年度の半期ごとに見直しを行います。

(4) 支援員に関する情報提供

支援室は、支援依頼者(以下、依頼者)に対して、条件に該当する支援員候補者の情報を提供し、支援員の登録情報を提供したことを支援員候補者に報告します。

(5) 面接・採用

原則として、依頼者と支援室のコーディネーターが支援員候補者との面接による審査を実施します。

(6) 雇用条件・給与

支援員の雇用手続きは研究依頼者が所属する支援室で行います。就業に関しては、本学「短時間勤務教職員就業規則」に依ります。給与は、「短時間勤務教職員給与規程」に依り、時給単価を決定します。通勤手当についても、本学規程に依ります。

(7) 支援員配置・報告

支援員の勤務場所の確保や作業に必要な施設・備品の手配、他研究者との調整、勤務表や業務管理は、依頼者が行います。支援員は、依頼者の監督・指示のもと、研究補助業務を行い、「研究支援員業務従事日誌」を記録します。利用後、半期ごとに依頼者は「研究支援員制度利用実績報告書(依頼者)」、支援員は「研究支援員活動報告書(支援員)」を支援室に提出します。

(8)支援員配置制度の管理・運営

支援室は、支援員配置を行うにあたり、大阪市個人情報保護条例(平成7年大阪市条例第11号)の趣旨を踏まえ、「公立大学法人大阪市立大学における個人情報の取扱い及び管理に関する規程」を順守し、個人情報を取り扱います。

2. その他

上記の定めのないものについては、支援依頼をする教員と支援室で協議します。

■大阪府立大学

大阪府立大学の研究支援員制度により、研究支援員の派遣を希望される場合は、別途、女性研究者支援センターへの申請が必要です。詳細は、下記URLをご参照ください。

http://genki.osakafu-u.ac.jp/support/researchsupport/

雇用条件等は、大阪府立大学の規定に準じます。※他の資金で研究支援員の雇用を希望される場合も、雇用条件等は、大阪府立大学の規定に準じます。