Home > レポート > 【レポート】「”両立カフェ”をつくるワークショップ -研究・学業とその他活動の心地よい関係づくり-」を開催しました(平成27年1月23日)!

【レポート】「”両立カフェ”をつくるワークショップ -研究・学業とその他活動の心地よい関係づくり-」を開催しました(平成27年1月23日)!

”両立カフェ”をつくるワークショップ
-研究・学業とその他活動の心地よい関係づくり-を開催しました!(平成27年1月23日)

 

◆プログラム
日時:平成26年1月23日(金)13時00分~16時00分
場所:大阪市立大学 杉本キャンパス 学術情報総合センター 10階 研究者交流室

研究・学業・仕事とその他活動(家事・育児・介護・趣味などなど)の「両立」をテーマにしたワークショップを開催しました。大阪市立大学女性研究者支援室としては1回目のワークショップ企画、当日の様子をお伝えします。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

▼研究者のリアルなニーズを拾うためのワークショップ▼

ワークショップという手法は、研究者の抱えるリアルなニーズの声を拾い上げるため、また、対面交流の場を提供することで女性研究者支援に関心を持つ人同士のつながりを作るためにも有効です。

ファシリテーターをつとめる 支援室学生スタッフ・中田智大さん(商学部)

ファシリテーターをつとめる
支援室学生スタッフ・中田智大さん(商学部)

 

今回のワークショップの企画と当日ファシリテーションは支援室学生スタッフの中田智大さん(商学部)と澤田彩さん(経営学研究科)が担当しました。ワークショップのデザインプロセスでは、支援室コーディネーターらと共に何度も議論を重ねました。また、企画監修として、学びと創造の場としてのワークショップを研究されている安斎勇樹先生(東京大学大学院情報学環特任助教)にアドバイスをいただきながらワークショップをデザインしました。

ワークショップ中、安斎先生にはレゴブロックを使った両立カフェづくりの具体的イメージを広げるため、「学習環境デザイン論」について講義していただきました。講義では、外部環境によって人間の行動や思考がアフォードされる(意味が与えられる)ことを学び、カフェという空間・活動・出会いを含む場のイメージをつくるヒントにしました。

自分の両立したいことを紹介する 支援室学生スタッフ・澤田彩さん(経営学研究科)

自分の両立したいことを紹介する
支援室学生スタッフ・澤田彩さん(経営学研究科)

安斎勇樹先生(東京大学大学院情報学環)による 学習環境デザイン論の講義

安斎勇樹先生(東京大学大学院情報学環)による
学習環境デザイン論の講義

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

▼両立したい活動同士のジレンマを解消する、「両立」カフェを考える▼

様々な活動の両立のためには「十分な時間」があれば悩みは解消するかもしれませんが、それでは限りない時間が必要になってしまいます。今回は「環境(場)」にフォーカスして、「大学内に架空のカフェを作る」というテーマのもとレゴを使ったワークをとおして、環境作りによって両立したいこと同士のジレンマ解消のヒントを探ります。

レゴを使ったワーク

レゴを使ったワーク

 

レゴワーク中は、それぞれが両立したいことのジレンマ解消に何が必要か、対話が進みました。
参加者からは次のような声も聴かれました。

「研究者にとって英語は必須。けど緊急性は低いため、ついなおざりにしてしまう。学業・研究の息抜きしながら英語に触れられると良い。」
「家事の中でも料理をしないと罪悪感がある。手作りを重視している人は多いと思うのでみんなで解消できないか。」
「育児などは当事者だけが話し合うのでは解決しない問題が多い。当事者以外も課題解決に向けた話し合いができる場があれば。」

実際に出来上がった両立カフェのアイディアの一つがこちら!

「リサーチングコモンズ」 異分野の研究者が経ち寄り息抜き英語交流ができる

「リサーチングコモンズ」
(異分野の研究者が経ち寄り息抜き英語交流ができる空間!)


その他の”両立カフェ”のアイディアやワークショップの詳細は、支援室学生スタッフのレポートをお読みください!

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

▼両立ジレンマを一人で抱え込まない▼

ワークショップの振り返りでは「両立が時間的に困難だと思っていたことを一人で解決しようとしていたことに気付いた」という声もあり、当事者以外の周囲の協力を得ながら両立課題を解消していくことを見出している方もいました。ワークショップを通して、参加者が日常生活に持ち帰れる視点を得ていただけました。

事後アンケートでは、「自分の習慣やその理由を聞いてもらうのがうれしかった。話しながら、その理由について再度考えることもできた。」「普段意識していないことも引き出された感じ。手を動かすと話もはずむ事がわかった。」という声があり、多忙な日常の中、一度立ち止まって振り返るきっかけとなったようです。

支援室としては、「研究スキルの緊急度」「家事をしない罪悪感」「当事者以外も含めた話し合い」など、ワークショップ中の参加者の発話は今後の支援策を考える上でのヒントになると考えています。

支援室では引き続き、女性研究者支援事業に関心を持つ方々のつながりを作る機会としてワークショップを継続的に実施して行きたいと思います!

 

(女性研究者支援室コーディネーター 我妻優美)
ワークショップ開催案内はコチラ(https://www.wlb.osaka-cu.ac.jp/2014/12/26/20150123/)から!