Home > おしらせ > 【おしらせ】12月15日(月):第11回 実践的大学院教育研究会「博士のその後を考える〜世界の事情・日本の事情〜」@フクラシア品川

【おしらせ】12月15日(月):第11回 実践的大学院教育研究会「博士のその後を考える〜世界の事情・日本の事情〜」@フクラシア品川

第11回実践的大学院教育研究会
「博士のその後を考える〜世界の事情・日本の事情〜」開催のお知らせ@フクラシア品川

 

第11回実践的大学院教育研究会

平成23年に出された中央教育審議会の「グローバル化社会の大学院教育~世界の多様な分野で大学院修了者が活躍するために~答申」においては、各大学院において博士課程修了後のキャリア支援の強化を促進しています。しかしながら、博士号取得後の就職率は学部卒業者、修士卒業者と比較しても低いままです。

本研究会では、キャリア支援に対する学内外の先進的な取り組みを紹介し、これからの大学院教育におけるキャリア支援について考えます。

 

◆日時:平成26年12月15日(月)13:00-17:00
◆場所:フクラシア品川(高輪口)

◆プログラム:
・13:00-13:10 開会挨拶
(総合研究大学院大学理事 永山國昭)
・13:10-14:00 「今、企業や社会が求める理系博士人材について」
株式会社アカリク執行役員 長井裕樹)
・14:00-15:00 「ドイツにおけるキャリア支援」
立行政法人大学評価・学位授与機構長 野上智行)
・15:00-15:10 休憩
・15:10-15:30 「キャリア支援に関する学会の取り組み~日本分子生物学会を事例に~」
(総合研究大学院大学遺伝学専攻教授 小林武彦)
・15:30-16:10  アジアにおける日本人博士のキャリア形成~シンガポールを事例に~」
(総合研究大学院大学学融合推進センター助教 奥本素子)
・16:10-16:50  「パネルディスカッション~大学院におけるキャリア支援~」
・16:50-17:00 閉会挨拶 (学融合推進センター長 平田光司)
///////////////////////
・17:30~ 懇親会(意見交換会)
(*任意参加。ご参加される場合は、当日受付時に参加費を貰い受けます。)

開催案内の詳細はコチラから ⇒第11回実践的大学院教育研究会
研究会のポスターはコチラから⇒第11回実践的大学院教育研究会ポスター

 

◆参加申込み方法
・総研大教員・学生の方
平成26年12月5日(金)【締切】迄に、以下URLの「参加申し込みページ」からお申込みください。
参加申し込みページ:https://reas2.code.ouj.ac.jp/reas/q/35169

・一般参加の方
参加費は無料ですが、交通費の支給はありません。
平成26年12月5日(金)【締切】迄に、上記「参加申し込みページ」からお申込みください。

 

◆各実施プログラムの内容についてのお問い合わせ
〒240-0193 神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)
総合研究大学院大学 学融合推進センター(学術交流事業担当教員:奥本素子)
TEL:046-858-1630 E-mail:zengaku-edu(at)ml.soken.ac.jp *(at)は、@に変換してください。