Home > イベント > 【学外・イベント】大阪大学主催「平成2…

【学外・イベント】大阪大学主催「平成29年度ダイバーシティ教育研究環境実現シンポジウム」に櫻木弘之理事・副学長がパネリストとして参加しました。

イベント
イベント

大阪大学主催「平成29年度ダイバーシティ教育研究環境実現
シンポジウム」に、櫻木弘之理事・副学長がパネリストとして参加しました。

◯IMG_1250

 平成29年9月20日(水) 大阪大学中之島センターにおいて「平成29年度ダイバーシティ教育研究環境実現シンポジウム~ロールモデルの多様化と理工系女子研究者の育成~」 と題したシンポジウムが開催されました。
当日は127名(うち⼥性67名)が参加し、限られた時間内に盛りだくさんの内容で充実した会となりました。

 

飯村 亜紀子氏

大竹 文雄先生

 第1部では、大竹 文雄先生(大阪大学栄誉教授・社会経済研究所教授)による「競争社会における女性」、飯村 亜紀子氏(経済産業省 産業技術環境局 大学連携推進室長)による「ダイバーシティがオープンイノベーションを活性化する~大学・産業界への期待」と題した講演が、それぞれ行われました。

 

櫻木理事登壇の様子

  続いて、第2部のパネルディスカッションでは、関西の大学間連携による理工系女性研究者育成に向けて、まず大阪大学、大阪府立大学、大阪市立大学、関西大学の取組みが共有されました。本学からは櫻木 弘之理事・副学長がパネリストとして参加し、本学における女性研究者支援の取組みを報告しました。 本年平成29年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」に選定されたことを受け、大阪教育大学・和歌山大学・積水ハウス株式会社の4機関が連携し、南大阪から南近畿、さらに近畿全体へとダイバーシティの取組みを広めていく、との決意が語られました。また、これまでの取組みの成果として、女性の積極採用というポジティブ・アクションや、次世代の女性研究者育成・啓発のための女性研究者表彰制度として岡村賞(平成26年度~)の創設等も紹介しました。女性教員の採用比率に関しては、ここ数年で上昇しているものの、上位職の割合は依然低いことが示され、女性の上位職比率を高めていくことが今後の課題である、と述べられました。   

       ◯IMG_1304   ◯IMG_1296
                        パネルディスカッションの様子

 大阪大学の報告の中では、クロスアポイントメント制度(研究者等が大学、公的研究機関、企業の中で、二つ以上の機関に雇用されつつ一定のエフォート管理の下で、研究・開発及び教育に従事することを可能にする制度)導入の現状が報告され、今後益々増やしていきたい、との意向が語られました。その後のディスカッションでは、理工系の女性研究者が少ないのは、小・中学校の女子に数学嫌いが多いことにあるとの指摘があり、本学の櫻木理事・副学長が、「数学を好きになるためには、子どものときから『自然が好きになる』体験をする必要があるのではないか」と発言しました。

 会の終わりに、大竹先生から「ロールモデルの育成は、憧れの人、いわばスターを育てることであり、大阪市立大学の岡村賞の取組みは素晴らしい」とのコメントをいただきました。

 最後にファシリテータの工藤 眞由美大阪大学理事・副学長(男女協働推進センター長)から、「ひとつの大学でできることは限られている。今後とも是非、大学間の連携を深めていきたい」との呼びかけがあり、会は盛況のうちに幕を閉じました。