Home > レポート > 【レポート】「第4回研究者交流会」を開…

【レポート】「第4回研究者交流会」を開催しました(平成26年12月9日)

「第4回研究者交流会」を開催しました!(平成26年12月9日)

 

第4回研究者交流会「タイム・デザインを考える」
平成26年12月9日(金)14:20〜17:00
学術情報総合センター1F 文化交流室
参加者 31名(教員3名 学生・ポスドク16名 職員8名 その他4名)

 

▼開催案内はこちらをご覧ください▼
http://www.wlb.osaka-cu.ac.jp/2014/11/19/20141209/

 

▼プログラム
第一部:品田知美准教授(城西国際大学)ご講演 「生活時間からつくるWLB」

第二部:討論セッション
・グループA(相見優介、上中美樹、奥駿介、小寺和彦、里深友郁、仲西琴音、松田浩平、吉永茜)
「女性の家事労働」

・グループB(北野智大、車田紗也果、児玉彩佳、出口莉奈子、篠原悠天、山崎真侑、山本晃士)
「三歳児神話の否定」

 

女性研究者支援室では「学内の意識改革」及び「次世代の研究者育成・啓発活動」を活動の一つの柱としています。
研究者交流会の目的は、女性研究者をめぐる課題について広く知見を得ること、そして、研究者のつながりを広げることにあります。

 

第4回研究者交流会では、品田知美先生(城西国際大学・准教授)をお招きして、生活時間という視角から、子育てと研究の両立を可能にする条件についてご講演いただきました。
また、第二部では杉田菜穂先生(本学経済学部・准教授)のゼミ生が、品田先生のご著書(主著に『家事と家族の日常生活』、2007年、学文社)を講読して発表を行いました。
最後に、品田先生からフロアと学生へ、リプライを頂きました。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

▼杉田菜穂(本学経済学部、准教授)先生からの寄稿▼

少人数教育(イノベーティブ・ワークショップ)のゼミ生16名が、第二部の討論セッションに参加させていただきました。10月から品田先生のご著作や論文について検討し、それらから得た論点について2グループにわかれてグループワークに取り組みました。

それぞれのグループが設定したテーマは「三歳児神話」と「家事時間」についてであり、当日の品田先生の講演の内容にも関わるものでした。学生のプレゼンテーションの内容について品田先生や聴講者の方からコメントをいただくこともできて、学生にとりまして大変貴重な経験となりました。

 

12月11日(木)のゼミでは、①第一部の講演内容に関する意見交換と②第二部の討論セッションの振り返りを行いました。

①については、日本で生活時間に関する研究が少ないという事実や父子家庭と母子家庭の格差に多くの学生の関心が集まりました。また、家事時間をめぐる国際比較のなかで日本人の生活時間の使い方の特徴を知ることができて興味深かった、自分の卒業後の人生設計について考えるきかっけになったといった感想も出されました。

②については、もっと報告の準備に時間を費やすべきだったといった反省点も出されましたが、ゼミ生以外の人前で話すといういい経験ができたという感想も聞かれました。

私にとっては、品田先生がおっしゃった「ライフコースを通じたシェア」という視点が印象に残りました。
「お金も時間も人生トータルで“とんとん”になればいい」という長い目で自分の人生設計をする視点は、精一杯の生活をしている今の自分には抜け落ちていると思いました。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

▼アンケートより▼
「家電が進化しているにもかかわらず、女性の家事時間が減っていない、という指摘が印象に残っております」

「2012年の学会報告もあわせて紹介頂けるなど非常に貴重な内容だった。研究を通したメッセージ性に共鳴する」

「桃太郎文化(男は山へしばかり、女は川で洗濯)という日本文化の問題点になるほどと思いました」

「学生やフロアとの交流で活性化された点が評価されるので、この試みを続けてほしい」

「男子学生も交えての発表を見て心強く感じたが、家事ハラのところでまず妻を「手伝う」という男子学生の意識が家事の主体者ではないという前提になってはいないかという疑問を持ってほしいと思いました」

「学者の目からみたWLBについて知見を得たかったので(参加した)。WLBに限らず言えることですが、学者と企業人間に垣根がなくなると良いと思います」

「ご自身の生活状況を交えて話されていたので、わかり易かったです。時間>お金の考え方に賛成です」

1   2

3   4

5   6

7   8

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

支援室では「女性研究者ネットワークシステム」という学内限定SNSを運用して研究活動支援情報の提供を行っています。イベントの詳細も随時発信していますので、ぜひご登録・ログインをお願い致します。

▼「タイム・デザインを考える」の記録と参加者のコメントはこちら▼:#タイムデザイン交流会
https://ocu-sfr.my.salesforce.com/_ui/core/chatter/topics/TopicPage?id=0TO100000008otV&ref=feed_item_topic&entityId=0D51000000uRx45

▼ご登録・ログインはこちら
http://www.wlb.osaka-cu.ac.jp/network/